うつ病の原因とはいったい何か

今ではうつ病は誰もがかかる可能性がある心の病気と認識され、積極的に治療しようとする人も増えてきました。

しかし、うつ病の原因についてはまだ理解されていないことが多いので、どんなことから発病するのかを知っておくと予防もできます。

【原因その1性格的要因】

うつ病の原因には3つあると言われています。

その一つ目が性格的要因です。

うつ病にかかりやすいと言われているのが、真面目で責任感が強い人、几帳面な人です。

この性格の人すべてがうつ病にかかるのかと言うとそうではなく、ストレスを溜めやすい性格のためにかかる可能性が高くなるということです。

【原因その2遺伝的要因】

二つ目が遺伝的要因です。

うつ病患者の中には、親や兄弟、親戚などの身内がうつ病にかかったことがあるという人が多く、親がうつ病にかかったことがあると、高い確率で子どももかかっていることがわかっています。

そのため、遺伝的な要因があるのではと考えられています。

【原因その3状況的要因】

そして三つ目が環境の変化などが原因になるものです。

新卒で入社した時や転勤、昇進、結婚、出産、引越しなどで環境が大きく変化した時にうつ病にかかることがあります。

昇進や結婚、出産などはうれしい出来事なのですが、うつ病を発症することがあります。

その他に、親など親しい人との死別もきっかけになることがあります。

これら三つの原因に当てはまることがあったとしても、必ずうつ病にかかるというわけではありません。

かかる可能性が高いので、ストレスなどを溜めずにうまく発散させ、休む時はしっかり休むことを心がけましょう。